香川県坂出市、丸亀市にある地域密着型実績No.1学習塾
坂出校 0877-44-0491  丸亀校 0877-24-9715
坂出校または丸亀校にお気軽にお電話ください。

卒塾生からのメッセージ2021(東京大学)

中等部での経験を振り返って

 

   

Aさん:東京大学1年
(附属坂出中学校卒)

 高校入学後のスタートダッシュ 

 ボクが宮本塾中等部で最も印象に残っている思い出について紹介します。ボクは附属坂出中学校に、外部から合格しました。附属中に合格したことに喜ぶ一方で、内部進学生が3分の2ほどを占めているので、ついていけるのかどうか、入学当初から不安も大きかったです。そんな中、ある日塾長先生から「あなたは将来東大に行ける。それに向けて、今はただ頑張りなさい」と、びっくりするようなことを言われました。その言葉には驚きましたが、漠然ながら勉強の目標ができ、いつの間にか不安な気持ちは無くなっていたように思います。今になって思えば、塾長先生はボクの将来をすでに見定めていたのだなあ、と、改めてただただ驚くばかりです。

 そんな塾長先生の指導の下で、ボクが宮本塾中等部で守っていたことがあります。それは、宿題は必ずやることでした。何をするにもまずは宿題をやり、その後で自分のやりたいことをやる、という姿勢をずっと貫き通しました。当時の塾メンバーには遊んでから宿題をするタイプが多く、やはりそうした人はよく宿題を忘れたり、塾で何度もやった内容を消化できていないこともしばしばでした。そうした中で、宿題をしっかりこなしていたボクは、他のメンバーが分からない問題がある時に、先生方から説明役として指名されることも多かったです。言葉にして人に説明することによって、自らの理解もよりはっきりとしたものになります。この説明役をやらせてもらえたことも、ボクにとって大きな経験になっていると思います。

 当時の塾メンバーたちも、中3生になったころには成績がはっきりと向上し、明らかにクラス全体の学力がついてきていました。それにともない、メンバーたちの姿勢も変わりました。「宿題は後からで良いやん」と言っていた友人たちが、その時初めて、お互いに競い一緒に努力する「学友」になったのです。そんな学友たちと一緒に丸亀高校に入学できた後、また宮本塾に驚かされました。学力テストでの校内順位で、上位10位のほとんどを塾生が占めたのです。それどころか、上位50位内の大半が宮本塾生でした。「丸高のトップは宮本塾生ばかり」という噂は聞いていましたが、まさかこれほどまでとは。手のかかる生徒が多いと散々言われていたボクの代も、中3生になるころには大きく変わり、そして高校での爆発的なスタートダッシュにつながりました。その中でも自分が1位になれた感動は、今でも忘れられません。

 宮本塾は、先生方が個人個人の能力を的確に見定め、それぞれに合った学習方法を指導してくれます。そして何より、どれだけ「手のかかる」生徒でも諦めずに面倒をみてくれる、という点に強みがあると思います。

   一覧に戻る   >>